子育て

【おすすめ・1歳半〜】子育て・子供向け英語の歌5選

こんにちは。
子供向け英語の歌をYoutubeの中から紹介するコーナーです。
今回は1歳半〜のおすすめ曲を紹介していきたいと思います。
ちなみに子供・子育ての歌のことを英語ではKids songsまたはNursery Rhymes(ナーサリライムズ)と言います。もし検索する時はキーワードで入れてみてください。

※映像に元々歌詞がついていない場合は、Youtube画面内右下のネジマークからサブタイトルをEnglish ONにすれば歌詞が出てきます。

なるべく色んなチャンネルから歌を紹介していますが、筆者がSuperSimpleをメインに使っているため偏ることもあり。ご了承ください。チャンネルについては以下も参考に。

My teddy bear

こちらはそれほど有名な曲かはわかりませんが、個人的なおすすめ曲です。
身体の部位と数が登場します。アニメーションがなんとも可愛いです。一時期うちの子も家にあるクマの人形を引っ張り出してきて、歌詞に合わせて身体の部位を触ったりハグしてる姿の真似をしていました笑。

 

Ten In The Bed (ベットに10人) / Five Little Monkey (5匹の子ザル)

こちらは定番の数え歌2曲。
There were ten in the bed, and the little one said, “Roll over, roll over”
(ベットに10人いた、小さい子が”転がって転がって”と言った。)
のフレーズを10から数を落としながら繰り返していきます。
ベットにいる動物たちが寝返りをしてどんどん床に落ちていく歌です。
実際に色んな人種の子供が登場しているバージョンもあったので載せておきます。

ベットつながりで、ベットから落ちてお医者さんに怒られる5匹の子ザルの歌も人気なので一緒に載せておきます。

Five Little Monkey

 

The Ants Go Marching (アリの行進)

アリの行進の歌です。1からどんどん増えていきます。
掛け声が印象的ですが、Hurrah(ハラー)は日本語でいうフレーフレーですね。
歌詞中のone by one、six by six は〜匹ずつという意味ですが、1×1という意味もあるので、2つ目のような動画もあります。

 

Hickory Dickory Dock

こちらはイギリスの伝統的な童謡から”ヒッコリーディッコリードック”
数と動物たちの名前が登場します。英語らしい韻の踏み方をしている歌です。
英語特有の口や舌の動きを練習するのにも使われます。

 

Baa Baa Black Sheep (メェメェ黒ひつじさん)

キラキラ星やABCと同じメロディが使われている黒ひつじの歌。こちらもイギリスの童謡なのでDame(デイム=奥様)などアメリカ英語では聞き慣れない単語が出てきます。
Baa Baaは英語でのひつじの鳴き声。メェメェじゃないんですよね、びっくりでした笑。
子供が歌うとYes Sir, Yes Sir(イエスサー、イエスサー)のところが非常に可愛いです。

 

と、今回はこんな感じでした!
1歳半〜としていますが、その前に聞かせても全く問題はないです。
ただ、数え歌や単語の種類から言葉を覚える時期に聞かせるとより効果的かなとは思います。うちの子も2歳に近づくにつれ好きな歌が変わって、今でも好きな歌がどんどん増えています。

次回は友人からのリクエストもあって、手遊びや身体を動かす系の歌を特集します^^
いつも読んでくれてありがとうございます〜〜!!!

ABOUT ME
momomo
カナダ・バンクーバー在住のダンサー(ブレイクダンス・ハウス・ライトフィート・コンテンポラリーetc)&一児の母です。 バンクーバーはもうすぐ9年。 カナダ・アメリカ(主に西海岸)のダンスイベント、ワークショップ、スタジオ、練習場所情報をシェアしてます。 たまにママのための情報も書きます。